文庫・新書に関係するお得な商品を取り揃えた専門店(文庫(歴史・時代)/文庫)
文庫・新書のプロショップ
☆ 文庫(歴史・時代) ☆
「キーワード」で検索: 単品注文でも送料無料

【集英社文庫 漫画版 日本の歴史 全10巻セット】集英社版 学習漫画『日本の歴史』(全20巻)を文庫化!装丁、コラム、解説などを全面刷新 大人でも満足できる、読みごたえ十分な内容 子供から大人まで、幅広い読者に支持されています プレゼントにも最適です ◆◇◆ 文庫化にあたり、
\5996

朗読  :神谷 尚武時間  :66分作者  :池波 正太郎 三ノ輪のはずれに[どんぶりや]という飯屋ができた 飯は食い放題、汁に魚に、こうこがついて七文だと大評判 平蔵は食い詰め浪人の風体で、[どんぶりや]に通いはじめる —鬼平犯科帳(11)より—(時代小説)
\1575

朗読  :神谷 尚武時間  :76分作者  :池波 正太郎 市中巡回中の佐嶋忠介は、8年前まで盗賊改方・同心を勤めていた部下の高松繁太郎に出会った 役目を捨てて突然姿を消した繁太郎が語った真相とは 繁太郎は平蔵のすすめで密偵となり抜群の働きを示すが —鬼平犯科帳(10)より—(時代
\1575

朗読  :神谷 尚武時間  :70分作者  :池波 正太郎 旅の老武士が笠をぬぎ捨て、懐から出した革紐を襷にまわしかけ、震える手でよれよれの鉢巻をしめ、大刀を引き抜くのを、石灯篭の陰から平蔵は注視した —鬼平犯科帳(7)より—(時代小説)
\1575

古本
\4095

朗読  :神谷 尚武時間  :75分作者  :池波 正太郎 船頭の常吉は、今日もたっぷりと灯油の入った竹筒を腰に、暗い川岸にじっと身を潜めていた 今夜放火しようと見張っていた近江屋へ、事もあろうに盗賊が押し込んでいった —鬼平犯科帳(16)より—(時代小説)
\1575

朗読  :神谷 尚武時間  :71分作者  :池波 正太郎 日頃から、火付盗賊改方の探索に協力してくれている桶屋の富蔵・おろく夫婦の子供(養子)がかどわかされた 丁度桶屋へ立ち寄った平蔵も追うが既に視界から消えていた 平蔵の旧友井関録之助の活躍で、解決への糸がほぐれていく —鬼
\1575

朗読  :神谷 尚武時間  :65分作者  :池波 正太郎 大滝の五郎蔵は、久方ぶりに煮売り酒屋の喜十を尋ねた 喜十は五郎蔵を信頼し情報を知らせてくれる「漏らしや」だった 何事も無いという喜十の顔に一瞬の緊張が走ったのを五郎蔵は見逃さなかった 平蔵を支える人たちの葛藤を描—鬼平
\1575

朗読  :神谷 尚武時間  :56分作者  :池波 正太郎 目黒不動尊参詣を兼ねて市中巡回の平蔵は、突然の豪雨に空家に駆け込んだ 程なく男女二人づれの者も飛び込んできたが、その男の声に平蔵は聞き覚えがあった 同心の細川峯太郎だ 平蔵は思わず身を翻して隣の小部屋に駆け込んだ —鬼平
\1575

朗読  :神谷 尚武時間  :72分作者  :池波 正太郎 密偵仁三郎は、昔の仲間鹿谷の伴助に「一緒にお盗めを・・・」と誘われる 伴助と歩む姿を、功名心の強い同心・山崎庄五郎にみられ、平蔵への報告を止められる 板ばさみになった仁三郎は、押し込みの当夜思い切った行動に出る —鬼平
\1575

朗読  :神谷 尚武時間  :57分作者  :池波 正太郎 盗賊が押し入った蕎麦屋でただ1人助かった小女の証言で、盗賊の似顔絵を描いた石田竹仙は、達者な筆運びで絵を仕上げたが、なぜか描き終えたときには、疲れきって口もきかぬようになってしまった —鬼平犯科帳(6)より—(時代小説
\1575

朗読  :神谷 尚武時間  :61分作者  :池波 正太郎 大滝の五郎蔵は、脱獄というかたちをとって娑婆へでた 平蔵の密偵として働き始め、盗賊仲間から「間取りの万三」と呼ばれている大工を追い始めた —鬼平犯科帳(5)より—(時代小説)
\1575

朗読  :神谷 尚武時間  :62分作者  :藤沢 周平吉蔵とお峯は駆け落ち者で、裏店で息を潜めてひっそりと暮らしていた お峯は次第にそういう暮らしに飽き、もっと賑やかなところで暮らしたいと思うようになる 吉蔵は隣の浪人善左エ門に女房の見張りを頼むが-橋ものがたりより-(時代小説)
\1785

朗読  :神谷 尚武枚数  :全2枚 時間 :91分作者  :池波 正太郎 今は、密偵となっている馬蕗の利平治は、大仕掛けの盗みをはたらく盗賊の首領・妙義の團右衛門に「江戸での盗みは不案内ゆえ助太刀を」と乞われ、快く承知する 早速報告のため役宅に入るところを、利平治の後をつけ
\3150

朗読  :小森 彰時間  :64分作者  :池波 正太郎吉川英治文学賞受賞、シリーズ第一作より、御家人・山田勘介は、「我が娘芸者お里が甲斐守様 御子息・源太郎様の子を孕みました この始末をいかがおつけ下さるか」と強請をかけた、秋山小兵衛は、芸者といえば、昔は武芸にすぐれた者の
\1575

朗読  :神谷 尚武時間  :49分作者  :池波 正太郎秋山大治郎の道場に辻売りの鰻屋がやってきた 「10日間でおれに剣術を教えて下せえ、強くして下せえ、悪い虫から身を守りたいのだ 」と必死で訴えるのだが… —剣客商売(2)より—(時代小説)
\1575

朗読  :神谷 尚武時間  :68分作者  :池波 正太郎老中田沼意次は、娘三冬に良縁をと願っている 女武芸者の三冬は「試合に負けたら、その柏手の嫁になる」という その話を聞いて、大治郎はうろたえる 大治郎の心中を察した小兵衛は密かに柏手の人柄を探りはじめた —剣客商売(5)より
\1575

朗読  :神谷 尚武時間  :76分作者  :池波 正太郎吉川英治文学賞受賞、シリーズ第一作より、老中 田沼意次の庇護をうけ、井関忠八郎は市ヶ谷に立派な道場を構え、門弟は200余人を数えた 忠八郎病歿後は4人の高弟によって運営されていたが……—剣客商売(1)より—(時代小説)
\1785

朗読  :福士 秀樹 時間  :50分 作者  :澤田 ふじ子 町医の佐和玄得は、薬園の貸与の十年延長を請願してきた 弥右衛門はその町医の信望の篤さを知って請願書を受け付けるが藩の要職にある者はそれに反対し、大目付本間総兵衛は、息子平蔵と弥右衛門の息女雪との関係も抑えようとする (
\1575

朗読  :神谷 尚武時間  :61分作者  :平岩 弓枝兄の神林通之進の使いで、旗本青江但馬の別宅、根岸の白萩屋敷に出掛けた神林東吾は、女主人の顔に残るむごたらしい火傷の痕に驚く -御宿かわせみ 白萩屋敷の月より-(時代小説)
\1575

朗読  :神谷 尚武時間  :63分作者  :平岩 弓枝その年一番の新酒を江戸へと運ぶ弁才船は、早さを競った 船乗り達は、常よりも帆を増やしたり工夫をしたが、風が変われば外海に流され命を落とす危険もあった 祖父から三代続いた船乗りの航吉は、東吾に東洋の船の知識を学んで、ぜひ弁才
\1575

朗読  :神谷 尚武時間  :67分作者  :平岩 弓枝帆船を見物に行った神林麻太郎と畝源太郎は、偶然大男が包をひったくられるのを目撃してしまった 通り合わせた東吾と共に盗っ人を追いつめたが、包を捨てて逃げてしまった そして包を盗まれた町人風の男も姿を消してしまった 包の中身は
\1575

朗読  :白坂 道子時間  :59分作者  :藤沢 周平約束の時刻に、まだ一刻近く間があることはわかっていたが、心が落ち着かなかった 女とは七ツ半きっかりに、小名木川に架かる萬年橋の上で会うことになっていた 女とは五年ぶりに会うことになる …お蝶は変わっただろうか …と幸助は思う -
\2100

朗読  :神谷 尚武枚数  :全3枚 時間 :157分作者  :乙川 優三郎あれはたしか6才のあきだっただろうか 父母に連れられて河原に遊び、握り飯や里芋の煮物を食べた 澄みきった空、漆やはぜの紅葉、柏やぬくぎの黄葉がみごとで、夢の中の別世界のようだった・・・・・・ その原風景を
\5250

朗読  :神谷 尚武枚数  :全3枚 時間 :194分作者  :乙川 優三郎藩主、飛騨守の容態が思わしくなかった 飛騨守に重用され、今では五百石の家柄の石田又右衛門は殿が身罷ったときには、報恩のために後を追う覚悟を決めていた が、藩命により追腹を禁じられた 恥をさらしても、たった
\5250

朗読  :松谷 染佳時間  :79分作者  :宇江佐 真理深川の太物屋「伊豆屋」の長女おけいは、明るく活発な娘だった べべやかんざしよりも下駄がすきなおけいは、いつもはす向いの「下駄清」の彦爺いの仕事ぶりをながめていた —深川恋物語より—(時代小説)
\1680

朗読  :神谷 尚武時間  :78分作者  :池波 正太郎 「はせ川へいぞうさまへ」たどたどしい文字で書かれたその手紙は押込みを知らせる密告だった 平蔵はすぐさま手配りをするがそこで出会った人は昔懐かしい知り人だった —鬼平犯科帳(11)より—(時代小説)
\1575

朗読  :神谷 尚武枚数  :全2枚 時間 :101分作者  :池波 正太郎 船宿[鶴や]を経営している小房の粂八から、巣鴨の徳善寺に押し込みの計画ありと知らせを受けた平蔵は、寺の寄宿人を装って見張りを続ける 盗賊の頭の名がかつての高杉道場三羽烏の一人と同じ長沼又兵衛だという 二十
\3150

朗読  :神谷 尚武時間  :79分作者  :池波 正太郎 火付盗賊改方の与力をつとめる富田達五郎は、夜の川面で商人の橋本屋と船頭を切って捨てた 橋本屋に脅迫されていた達五郎は、誰にも見咎められずに始末がついたと安堵したが、数日後又、新たな脅迫状が届けられる 平蔵は身内の不始
\1575

古本
\735

朗読  :神谷 尚武時間  :53分作者  :平岩 弓枝東吾とるいに待ちに待った赤ん坊が誕生した 立春の日の朝に生まれた娘に、兄通之進は千度も幸せな春をむかえるようにと「千春」と命名した 喜びの「かわせみ」とは対称に、親子と名乗れない「かわせみ」の宿泊客の心を追う —御宿かわ
\1575

朗読  :松谷 染佳時間  :52分作者  :平岩 弓枝尾張町の大店、四条屋が一夜の中に店を閉め倒産ときいて町中が仰天した 下請けの染屋、仕立屋、洗い張り屋等には勘定がたまり放題という 東吾と源三郎に美男の医者も加わつて難事件に立ち向かう —御宿かわせみ 白萩屋敷の月より—(時代
\1575

朗読  :神谷 尚武時間  :78分作者  :池波 正太郎 大二郎の道場へ二人目弟子が入門した 熱心に稽古に励む笹野新五郎をみて田沼家用人の生島次郎太夫は、わが事のように喜ぶのだった —剣客商売(7)より—(時代小説)
\1785

朗読  :小森 彰時間  :75分作者  :池波 正太郎 「不覚者め それで、このわしの門人といえるか!!」小兵衛は、目の前でうなだれている落合孫六を一喝した 腹に巻きつけていた百両の大金を奪われてしまったというのである —剣客商売(9)より—(時代小説)
\1785

朗読  :小森 彰 時間  :70分作者  :池波 正太郎 「まだ死ねぬぞ 」死病に冒されながら、村に巣くう無頼浪人どもの一掃を最後の仕事と決める松村太九蔵 その助太刀に小兵衛の剣が冴える連続十人斬りの痛快作 —剣客商売(12)より—(時代小説)
\1785

朗読  :神谷 尚武時間  :79分作者  :池波 正太郎 林牛之助は、中島伊織という若者の敵討ちの助太刀をしてやるつもりらしい 理不尽な喧嘩をしかけられてもじっと堪えていた 大治郎は牛之助が気になって仕方がない —剣客商売(11)より—(時代小説)
\1785

朗読  :神谷 尚武 時間  :40分 作者  :杉本 苑子 浜衛は彫金、朝湖は絵描き、容姿気質とも天地ほどひらきのある2人だったが、互いの友情はこの上なく深かった (時代小説)
\1300

朗読  :真伎 美どり 時間  :63分 作者  :北原 亞以子 吉次は、降りしきる雪の中を、ふところに小銭の入ったさいふと、十手を入れ、簑も着ずに寒さにふるえて歩いていた ふりかえると、さきほどから「樽はござい」と声を張り上げて歩いていた男の子が、吉次と同じように破れ笠をかぶり
\1300

朗読  :福士 秀樹巻数  :全2巻 時間 :118分作者  :北原 亞以子半月後に祝言を控えた愛娘が暴漢に襲われた 定町廻り同心、森口慶次郎は、自刃した娘の遺言を懐に復讐に燃える (時代小説)
\2600

朗読  :神谷尚武巻数  :全3巻 時間 :193分作者  :乙川 優三郎藩主、飛騨守の容態が思わしくなかった 飛騨守に重用され、今では五百石の家柄の石田又右衛門は殿が身罷ったときには、報恩のために後を追う覚悟を決めていた が、藩命により追腹を禁じられた 恥をさらしても、たったひ
\5250

朗読  :遠藤 たつお時間  :64分作者  :平岩 弓枝「七夕飾りがゆれる季節、向島に隠居している肥前守の叔母君が怪我をされたという 早速お見舞いにかけつけた新八郎だが、その頃、向島では多くの別宅や隠居所で盗っ人が横行しているという -はやぶさ新八御用帳10より-(時代小説)
\1300

朗読  :遠藤 たつお時間  :47分作者  :平岩 弓枝新八郎とは剣の同門でもある大竹金吾に、蔵前の札差、大田屋の娘との縁談が持ち込まれた 大田屋には、本妻のおたかの子のお由利、柳橋の芸者の子のお鈴、女中が母親というお市、いづれも同い年の18才だという -はやぶさ新八御用帳10より-
\1300

朗読  :神谷 尚武時間  :50分作者  :平岩 弓枝麻生宗太郎や源太郎、花世らとともに外国船で賑わう横浜を訪れた東吾 美人局に引っかかった英国人船員のために一肌脱ぐことに・・・ お馴染みの江戸慕情に、横浜の異国情緒が花を添える -御宿かわせみ24より-(時代小説)
\1300

朗読  :神谷 尚武時間  :55分作者  :平岩 弓枝柳橋の売れっ妓芸者、小てるの可愛がっていた三毛猫のおたまがいなくなってしまった 猫一匹のことでと、はじめは鷹揚にしていた源三郎や東吾だったが、猫を探すうちに… -御宿かわせみ1より-(時代小説)
\1300

内容1 古事記・・・石ノ森章太郎2 落窪物語・・・花村えい子3 源氏物語(上)・・・長谷川法世4 源氏物語(中)・・・長谷川法世5 源氏物語(下)・・・長谷川法世6 和泉式部日記・・・いがらしゆみこ7 堤中納言物語・・・坂田靖子8 今昔物語(上)・・・水木しげる9 今昔物語(下
\19865

朗読  :松谷 染佳時間  :52分作者  :平岩 弓枝「かわせみ」に新しく来た女中おつまは、きびきびと良く働き客あしらいも上手だった るいやお吉も長続きしてくれれば良いと願っていた が、東吾は柳原の堤で郷里へ墓参りに帰ったはずのおつまを見かけた -御宿かわせみ 江戸の精霊流しよ
\1575

朗読  :神崎 美和子時間  :78分作者  :伊集院 静「お江戸の頃から、花盗人は罪にはならなかったって話だ… 」最後の花盗人といわれる深沢粂三から、さまぎまな事を学んだ志津子は、客の注文に応じて新潟の弥彦村に桜を盗りに出かける
\1785

朗読  :神谷 尚武枚数  :全3枚 時間 :194分作者  :乙川 優三郎藩主、飛騨守の容態が思わしくなかった 飛騨守に重用され、今では五百石の家柄の石田又右衛門は殿が身罷ったときには、報恩のために後を追う覚悟を決めていた が、藩命により追腹を禁じられた 恥をさらしても、たった
\5250

朗読  :神谷 尚武枚数  :全3枚 時間 :157分作者  :乙川 優三郎あれはたしか6才のあきだっただろうか 父母に連れられて河原に遊び、握り飯や里芋の煮物を食べた 澄みきった空、漆やはぜの紅葉、柏やぬくぎの黄葉がみごとで、夢の中の別世界のようだった・・・・・・ その原風景を
\5250

朗読  :白坂 道子時間  :59分作者  :藤沢 周平約束の時刻に、まだ一刻近く間があることはわかっていたが、心が落ち着かなかった 女とは七ツ半きっかりに、小名木川に架かる萬年橋の上で会うことになっていた 女とは五年ぶりに会うことになる …お蝶は変わっただろうか …と幸助は思う -
\2100

朗読  :神谷 尚武時間  :67分作者  :平岩 弓枝帆船を見物に行った神林麻太郎と畝源太郎は、偶然大男が包をひったくられるのを目撃してしまった 通り合わせた東吾と共に盗っ人を追いつめたが、包を捨てて逃げてしまった そして包を盗まれた町人風の男も姿を消してしまった 包の中身は
\1575

朗読  :神谷 尚武時間  :63分作者  :平岩 弓枝その年一番の新酒を江戸へと運ぶ弁才船は、早さを競った 船乗り達は、常よりも帆を増やしたり工夫をしたが、風が変われば外海に流され命を落とす危険もあった 祖父から三代続いた船乗りの航吉は、東吾に東洋の船の知識を学んで、ぜひ弁才
\1575

朗読  :神谷 尚武時間  :61分作者  :平岩 弓枝兄の神林通之進の使いで、旗本青江但馬の別宅、根岸の白萩屋敷に出掛けた神林東吾は、女主人の顔に残るむごたらしい火傷の痕に驚く -御宿かわせみ 白萩屋敷の月より-(時代小説)
\1575

朗読  :福士 秀樹 時間  :50分 作者  :澤田 ふじ子 町医の佐和玄得は、薬園の貸与の十年延長を請願してきた 弥右衛門はその町医の信望の篤さを知って請願書を受け付けるが藩の要職にある者はそれに反対し、大目付本間総兵衛は、息子平蔵と弥右衛門の息女雪との関係も抑えようとする (
\1575

朗読  :神谷 尚武時間  :76分作者  :池波 正太郎吉川英治文学賞受賞、シリーズ第一作より、老中 田沼意次の庇護をうけ、井関忠八郎は市ヶ谷に立派な道場を構え、門弟は200余人を数えた 忠八郎病歿後は4人の高弟によって運営されていたが……—剣客商売(1)より—(時代小説)
\1785

朗読  :神谷 尚武時間  :68分作者  :池波 正太郎老中田沼意次は、娘三冬に良縁をと願っている 女武芸者の三冬は「試合に負けたら、その柏手の嫁になる」という その話を聞いて、大治郎はうろたえる 大治郎の心中を察した小兵衛は密かに柏手の人柄を探りはじめた —剣客商売(5)より
\1575

朗読  :神谷 尚武時間  :49分作者  :池波 正太郎秋山大治郎の道場に辻売りの鰻屋がやってきた 「10日間でおれに剣術を教えて下せえ、強くして下せえ、悪い虫から身を守りたいのだ 」と必死で訴えるのだが… —剣客商売(2)より—(時代小説)
\1575

朗読  :小森 彰時間  :64分作者  :池波 正太郎吉川英治文学賞受賞、シリーズ第一作より、御家人・山田勘介は、「我が娘芸者お里が甲斐守様 御子息・源太郎様の子を孕みました この始末をいかがおつけ下さるか」と強請をかけた、秋山小兵衛は、芸者といえば、昔は武芸にすぐれた者の
\1575

朗読  :松谷 染佳時間  :79分作者  :宇江佐 真理深川の太物屋「伊豆屋」の長女おけいは、明るく活発な娘だった べべやかんざしよりも下駄がすきなおけいは、いつもはす向いの「下駄清」の彦爺いの仕事ぶりをながめていた —深川恋物語より—(時代小説)
\1680

朗読  :神谷 尚武時間  :57分作者  :池波 正太郎 盗賊が押し入った蕎麦屋でただ1人助かった小女の証言で、盗賊の似顔絵を描いた石田竹仙は、達者な筆運びで絵を仕上げたが、なぜか描き終えたときには、疲れきって口もきかぬようになってしまった —鬼平犯科帳(6)より—(時代小説
\1575


キーワード: 単品注文でも送料無料


|文庫|文庫(ロマンス)|文庫(エッセイ)|文庫(経済・社会)|文庫(ノンフィクション)|文庫(文芸)|文庫(ミステリー・サスペンス)|文庫(SF・ホラー)|文庫・新書のプロショップ|


世界の俳優&女優のプレミアムグッズを調査せよ! | アニメのプレミアムグッズを調査せよ! | ベビー用品の口コミ ランキング | ブランド品の口コミ ランキング | クラシック音楽のプレミアムグッズを調査せよ! | 化粧品の口コミ ランキング | ドッグフードの口コミ ランキング | ガーデニング用品の口コミ ランキング | ギタリストのプレミアムグッズを調査せよ! | 漫画家/マンガのプレミアムグッズを調査せよ! | 男性用化粧品の口コミ ランキング | 男性用腕時計の口コミ ランキング | 邦画&洋画のプレミアムグッズを調査せよ! | プレミアムグッズを調査せよ! | 口コミ ランキング | 日本酒/焼酎の口コミ ランキング | スポーツ用品の口コミ ランキング | 声優のプレミアムグッズを調査せよ! | ワインの口コミ ランキング |