文庫・新書に関係するお得な商品を取り揃えた専門店(文庫(文芸)/文庫)
文庫・新書のプロショップ
☆ 文庫(文芸) ☆
「キーワード」で検索: 単品注文でも送料無料

朗読  :梶 けいこ 時間  :78分 作者  :乃南 アサ 湯飲み茶碗(岡山・備前) 陶芸仲間をさそって備前焼の町伊部の駅に降り立った 彼女は早く友人と分かれて、一人で訪ねたい窯元があった 姉と妹(福島・三春) 久しぶりに会った姉は田舎暮らしを楽しんでいるように生き生きとしていた
\1700

朗読  :梶 けいこ 時間  :78分 作者  :乃南 アサ 湯飲み茶碗(岡山・備前) 陶芸仲間をさそって備前焼の町伊部の駅に降り立った 彼女は早く友人と分かれて、一人で訪ねたい窯元があった 姉と妹(福島・三春) 久しぶりに会った姉は田舎暮らしを楽しんでいるように生き生きとしていた
\1700

朗読  :里村 奈美枚数  :全2枚 時間 :88分(二枚組)作者  :連城 三紀彦浅子は微笑した その唇を和広は初めて見つめた 赤い口紅をさしている タヅに渡した口紅の色と似ていた 明るい微笑がその色をいっそう鮮やかに浮かびあがらせた —本文より—
\3200

朗読  :小川道子 時間  :76分 作者  :乃南 アサ 微笑む女(北海道・斜里町) それまで微笑を絶やさなかった女の顔が、彼女が振り向いた途端大きく歪んでその瞳に初めて涙が浮かんだ 次の瞬間彼女は久しぶりに人の肌の温もりを感じていた −本文より− 最後の嘘(大阪・富田林) 夫の鷹
\1700

朗読  :堀越 幸子巻数  :全2巻 時間 :105分作者  :森 瑤子深く傷ついている時でさえ、そこにほんのささやかな物が登場しただけで、女は生き返ることができる- プロポーズの言葉とともに贈られたダイヤモンド 宝石をモチーフに、大人の女性のおしゃれな恋愛小品集 大人の女性のおし
\3150

朗読  :堀越 幸子枚数  :全2枚 時間 :105分作者  :森 瑤子深く傷ついている時でさえ、そこにほんのささやかな物が登場しただけで、女は生き返ることができる- プロポーズの言葉とともに贈られたダイヤモンド 宝石をモチーフに、大人の女性のおしゃれな恋愛小品集
\3000

朗読  :福士 秀樹枚数  :全3枚 時間 :237分作者  :太宰 治数多い作品の中で、自らのために書いたといわれている作品 内面的真実の精神的自叙伝といわれる 若い頃に読んだ方も、ぜひもう一度、又違ったものが見えてくるのでは
\4800

朗読  :梶 けいこ枚数  :全2枚 時間 :209分作者  :太宰 治作者の幼年期・少年期を書いた自叙伝的な小説で昭和8年、同人雑誌「海豹」に発表された 太宰の第一創作集「晩年」の中心をなす処女作
\2600

朗読  :松谷 染佳時間  :63分作者  :川端 康成鎌倉円覚寺の茶会で、今は亡き情人の面影をとどめるその息子、菊治と出会った太田夫人は、お互いに誘惑したとも抵抗したとも覚えはなしに夜を共にする… 人間の愛欲の世界と名器の世界、死の世界とが微妙に重なりある美の絶対境を現出し
\1575

朗読  :小川 道子 時間  :82分 作者  :幸田 文 夫は痩せてはいたが、結婚して10年風邪以外の病気はしていなかった 今回も風邪かと思っていたら結核がかなり進んでいるという 離婚を考えていた沙生だったが…
\1600

朗読  :松谷 染佳 時間  :53分 作者  :川端 康成 菊治は、ゆき子と伊豆へ新婚旅行に出かけた 穏やかな伊豆の風景の中で、無垢なゆき子との会話に菊治の心はやわらいでいった
\1300

朗読  :谷口 和花子時間  :92分作者  :川上 弘美「蛇を踏んでしまった」と、さりげなく書き出される不思議な話 ごく普通の若い女が体験したこととは… 芥川章受賞
\1600

朗読  :長尾 理保子巻数  :全2巻 時間 :147分作者  :江國 香織ウィルミントンの町に秋が来て、僕は11才になった 映画も音楽も好きだけど、一番気になるのはガールフレンドのジルのことなんだ… アメリカ育ちの大介の日常を楽しく描く
\3200

朗読  :梶 けいこ巻数  :全2巻 時間 :192分作者  :宇野 千代「人にもの問われても、ろくに返答もでけんような穏当な女」である主人公おはんは、夫の心がほかの女、芸妓おかよに移ったとき、子供を身ごもったまま自分から実家に退いた おはんとおかよ、二人の女に魅かれる優柔不
\3200

朗読  :堀 英二 時間  :100分 作者  :赤瀬川 隼 岡田謙一が、妻の典子から「別れたい」という申し出を受けたのは、二週間ほどまえの日曜日の夜だった 二男の紀彦は、大学時代の友人と新宿で飲むとかで出かけていた 「勝手だけど、あたし、あなたの妻やめたいの」つぶやくように言い、
\1600

朗読  :堀 英二枚数  :全2枚 時間 :144分作者  :辻 仁成 レコード会社の制作ディレクターの僕には、時々幻聴が聞こえる 不規則な生活を十年も続けているのが原因だろう そんな時、音に宿る神を探し求める男に出会った— 世界のシステムがアナログからデジタルに変わった現在、本
\3150

朗読  :小川 道子 時間  :47分 作者  :長田 弘 言葉を深呼吸する あるいは、言葉で深呼吸する そうした深呼吸の必要をおぼえたときに、立ちどまって、黙って、必要なだけの言葉を書きとめた そうした深呼吸のための言葉が、この本の言葉の一つ一つになった —あとがき—
\1575

朗読  :堀 英二枚数  :全2枚 時間 :113分作者  :藤原 伊織志村秀明に「雪が降る」というタイトルのメールが届いた 発信者は学生時代からの友であり、現在は同じ社に勤務している高橋一幸の息子、道夫だった そのメールを読んだ志村は、道夫に「すぐに会いたい」と連絡をとった
\3150

朗読  :松谷 染佳枚数  :全2枚 時間 :146分作者  :宮本 輝戦争の傷跡を残す大阪で、河の畔に住む少年と廓船に暮らす姉弟との短い交友を描く
\3150

朗読  :深沢 彩子 時間  :70分 作者  :三浦 哲郎 (わくらば) 短篇集モザイクの表題作 信州八ヶ岳の山麓では、8月の半ばを過ぎると急に大気が冷え冷えとして、 まず白樺の梢から黄ばんだ“わくらば”が降りはじめる ふと手にした“わくらば”からよみがえってきたのは、父の記憶だった
\1575

朗読  :深沢 彩子 時間  :53分 作者  :三浦 哲郎 (おぼしめし) 若いころ牧師館に雇われたことのある、いせ婆さんは、 「これも神様のおぼしめしだえせ 何事も神様のおぼしめしだすけにな 」 が口癖になっていた   (そいね) 米どころの温泉場で、巴は70才以上の老人客との 添い寝を仕事
\1575

朗読  :小口 ゆい 時間  :61分 作者  :金子 みすゞ 全集3より76作品収録 「・・・黒い雲からふるあめが銀にひかっていることが」の不思議をはじめ、雪、向日葵、漁夫の子の唄、花津浦など みずゞ後期の作品を小口ゆいの朗読で
\1470

朗読  :堀 英二時間  :56分作者  :伊集院 静この人とともに生きて行きたいと願う倫子に、消防士の邦夫は「俺は、その時が来た時、躊躇うことがないように生きていたいんです」と、倫子の言葉に心を開こうとしなかった
\1575

朗読  :小川 道子枚数  :全2枚 時間 :81分作者  :伊集院 静「夕陽がこんなに大きいんです 」小さな島に小さな教会を建てるのだという真人の夢は、親友の月丘修に引き継がれた 教会を一人で建てる男の、情熱とロマンを描く
\3150

朗読  :谷口 和花子時間  :59分作者  :伊集院 静葉子は高い樹から墜ちた時の指のけがで、バイオリンが弾けなくなったと言っていた が、父の急死で故郷に帰った木葉子は、付き添ってきてくれた行雄にだけは真相を語ろうとする
\1575

朗読  :おちあい さとこ巻数  :全2巻 時間 :183分作者  :筒井 康隆ルイ・アームストロング、キッド・オリー、アート・ブレイキー、ソニー・ロリンズ、エラ・フイッツジェラルド、サラ・ヴォーン… こんな名手の名演奏が随所に登場する華やかなアドリブの連続!ジャズをめぐる12のフ
\3200

朗読  :神崎 美和子 時間  :38分 作者  :立原 正秋 退院して帰宅したら、庭では満天星の葉が色づいていた 書斎の裏山では芒の穂が波うち吾亦紅も咲いているなと思い、明日は裏山へ行ってみようと思った
\1000

朗読  :梶 けいこ巻数  :全2巻 時間 :130分作者  :立原 正秋 恒例の鎌倉薪能が今年は九月二十二日に催される、と昌子が知ったのは、八月も末であった その日の午後、昌子は買物に出た帰りに、若宮大路にある鎌倉彫の源氏堂によった 季節はずれの涼しい日で、街にはどこかもう夏の
\2600

朗読  :神崎 美和子 時間  :34分 作者  :立原 正秋 一夜の宿に女は女のおもいをすべて籠めてしまっていたのだろうか 女の言葉がよぎっていった 「もういちど抱いてください …あたたかいものが欲しいんです」…
\1000

朗読  :おちあい さとこ 時間  :39分 作者  :藤堂 志津子 硬く冴えざえとした青空だった それでいて地上は「真冬日」の寒さで歩くたびにキシキシと雪鳴りがする -本文より- 「雪まつり」会場で久しぶりに会った礼美と早坂だったが…
\1300

朗読  :梶 けいこ 時間  :78分 作者  :乃南 アサ 湯飲み茶碗(岡山・備前) 陶芸仲間をさそって備前焼の町伊部の駅に降り立った 彼女は早く友人と分かれて、一人で訪ねたい窯元があった 姉と妹(福島・三春) 久しぶりに会った姉は田舎暮らしを楽しんでいるように生き生きとしていた
\1700

朗読  :里村 奈美枚数  :全2枚 時間 :88分(二枚組)作者  :連城 三紀彦浅子は微笑した その唇を和広は初めて見つめた 赤い口紅をさしている タヅに渡した口紅の色と似ていた 明るい微笑がその色をいっそう鮮やかに浮かびあがらせた —本文より—
\3200

朗読  :小川道子 時間  :76分 作者  :乃南 アサ 微笑む女(北海道・斜里町) それまで微笑を絶やさなかった女の顔が、彼女が振り向いた途端大きく歪んでその瞳に初めて涙が浮かんだ 次の瞬間彼女は久しぶりに人の肌の温もりを感じていた −本文より− 最後の嘘(大阪・富田林) 夫の鷹
\1700

朗読  :松谷 染佳巻数  :全2巻 時間 :147分作者  :宮本 輝戦争の傷跡を残す大阪で、河の畔に住む少年と廓船に暮らす姉弟との短い交友を描く 太宰治賞受賞
\3200

朗読  :小川 道子巻数  :全4巻 時間 :418分作者  :宮本 輝両親を亡くした大学生の邦彦は、生活の糧を求めて道頓掘川の喫茶店に住み込んだ 夜は華やかなネオンの光に染まり、昼は街の汚濁を川面に浮かベて流れる道頓掘川、その歓楽の街に生きる男と女たちの人情の機微、秘めた情熱
\6500

朗読  :堀 英二時間  :39分作者  :宮本 輝「銀河」には殆ど乗客はなかった 私は書類やパンフレットや着替えなどがぎっしり詰まっている鞄を、一旦自分の席に置くと、刺すような冷気のたなびいている夜更けのプラットホームに出た —本文より—
\1300

朗読  :堀 英二時間  :38分作者  :宮本 輝堤防の向こうのだだっぴろい汚れた暗い空に、すさまじい数のこうもりが飛び交っていたのである 私は慄然たる思いで、いつまでもこうもりを見つめた —本文より—
\1300

朗読  :神崎 美和子巻数  :全4巻 時間 :374分作者  :水上 勉段々になった畑と田圃が、山へのぼりつめるはどに雛壇のように小さく重なっていた 人影のない家々は、なすび色に暮れる山間にとけ込みそうだった 空のあかい雲だけが、鮮明だった… そんな村に生まれた二木まつのが、町に
\6400

朗読  :梶 けいこ 時間  :43分 作者  :原田 康子 杉子は、われ知らず啄木の歌を口ずさんだ しらしらと 氷かがやき    千鳥なく   釧路の海の冬の月かな 啄木の歌の中でも、杉子が最も好きな一首である —本文より—
\1300

朗読  :梶 けいこ巻数  :全2巻 時間 :202分作者  :堀 辰雄もの静かな、品よくくすんだ感じの老婦人と、その娘で、新しい世代に生き、もっと現実的な生き方を望みながら、自己の中に潜む母と同様なロマネスクな気持ちに苦しめられ出すような一人の若い女を描こうと思った …七年の
\3200

朗読  :橋本 理恵巻数  :全3巻 時間 :205分作者  :堀 辰雄風立ちぬいざ生きめやも… ふと口を衝いて出てきたそんな詩句を、口の裡で繰り返していた -本文より- 掘 辰雄の代表的な傑作といわれています
\3200

朗読  :堀 英二巻数  :全2巻 時間 :120分作者  :藤原 伊織「あの人は夢ばっかり見てる人だった」 その目から涙があふれた 長いあいだとめどなく流れおちた しゃくりあげながら突然彼女は声をあげた 「でも、でも私だって夢くらい見たっていいじゃない それがどうしてこうなっちゃう
\2500

朗読  :真伎 美どり時間  :48分作者  :平岩 弓枝京都西陣の織り子だった加津が、嫁入りしたのは沖縄の小さな島だった
\1300

朗読  :長尾 理保子時間  :50分作者  :平岩 弓枝引越ししたばかりのマンションに、度々かかってくる奇妙な電話 悦子は従姉の苑子に相談するが…
\1300

朗読  :小川 道子 時間  :80分 作者  :伊集院 静 「夕陽がこんなに大きいんです 」小さな島に小さな教会を建てるのだという真人の夢は、親友の月丘修に引き継がれた 教会を一人で建てる男の、情熱とロマンを描く
\2100

朗読  :梶村 蹊子 時間  :68分 作者  :伊集院 静 14才の春、少年は瀬戸内海沿いの故郷を出た そしてそれから20数年後美花鮨を開店した 開店当日母が急死する ずっと彼を支え続けてくれた母の人生は…
\1600

朗読  :梶村 蹊子 時間  :74分 作者  :伊集院 静 惇は、年をとってから恵まれた待望の男の子だった 正作は、どこに行くにも惇をつれていった ある日2人で七夕飾りの笹竹取りに出かけた 山の空気をすって満ち足りた父子だったが、妻のみやげにしようと皐月に手をのばしたとたん事故は起
\1600

朗読  :小川 道子巻数  :全4巻 時間 :337分作者  :高樹 のぶ子真砂子の前に突然現れた、夫・光司の異母弟・末次郎 垣根に絡みつく蔦のように友江の家にひび割れを作ろうとしているのか、復讐から始まった出会いは、 白く透けるような肌を持つ真砂子をエロスに浸し魔女のように変え
\6400

朗読  :堀 英二巻数  :全3巻 時間 :285分作者  :川端 康成悟達の本因彷秀哉名人に、勝負の鬼大竹七段が挑む… 本因妨の引退碁は名人の病気のため再三中断、半年にわたって行われた この対局を観戦した著者が冷徹な筆で綴る珠玉の名作
\4800

朗読  :神崎 美和子 時間  :84分 作者  :江國 香織 結婚した姉のかつてのボーイフレンドに恋するみのりの甘く切ない恋物語 大人が失くした純粋な心を教えてくれる
\1600

朗読  :遠藤 たつお枚数  :全2枚 時間 :135分作者  :夏樹 静子1年の間隔をおいて福岡市内で発生した2つの過失致死事件に疑問を持った若い記者が、独自の推理を働かせて両事件の裏側の企みをあばいていく、凝りに凝ったつくりで推理ファンには楽しみな作品
\3150

朗読  :小口 ゆい 時間  :71分 作者  :金子 みすゞ 全集3より83作品収録 「・・・みんなちがって、みんないい」の私と小鳥と鈴をはじめ、芒とお日さま、りんご畑、こころ、世界中の王様など みずゞ後期の作品を小口ゆいの朗読で
\1400

朗読  :小口 ゆい 時間  :60分 作者  :金子 みすゞ 全集2より84作品を収録 「このみちのさきには、大きな森があろうよ・・・」のこのみちをはじめ、さくらの木、いろはかるた、誰がほんとを、積もった雪など みすゞ中期の作品を小口ゆいの朗読で
\1400

朗読  :小口 ゆい 時間  :67分 作者  :金子 みすゞ 全集2より94作品を収録 「この裏まちのぬかるみに青いお空がありました」のぬかるみをはじめ、芝草、ゆびきり、月と泥棒、学校へゆくみちなど みすゞ中期の作品を小口ゆいの朗読で
\1400

朗読  :小口 ゆい 時間  :70分 作者  :金子 みすゞ 全集1より、85作品収録 「おてんとさまのお使いが、揃って空をたちました」の日の光をはじめ、転校生、まつりの太鼓、大人のおもちゃ、きのうの山車など みすゞ初期の作品を、小口ゆいの朗読で
\1400

朗読  :おちあい さとこ枚数  :全3枚 時間 :175分作者  :筒井 康隆中学生の珠子の前にある日突然現れたグランパ(祖父)は刑務所帰りだった だが、侠気あふれるグランパは町の人からは慕われ、珠子や家族をめぐるトラブルを次々と解決していく そしてグランパの秘密を知った珠子に
\4515

朗読  :堀 英二枚数  :全3枚 時間 :205分作者  :水上 勉軍艦頭と罵倒され、乞食女の捨て子として惨めな日々を送ってきた少年僧慈念の鬱積した孤独な怨念の凝集をみつめる 直木賞受賞作I・II慈海和尚衣笠山山麓にある狐峯庵には、岸本南獄の描いた見事な雁の襖絵があった 幾羽とも
\4725

朗読  :松谷 染佳 時間  :77分 作者  :宮本 輝 (胸の香り) 入院中にふとすれ違った人になつかしい匂いを感じた 遠い昔の匂い、あれは忘れられないあの人の香り  (夜桜) 「下宿人お世話します」とはり紙を出した綾子の家に、快活な青年が今晩ひと晩だけ部屋を貸して欲しいと訪ねてきた
\1890

朗読  :梶 けいこ枚数  :全2枚 時間 :129分作者  :立原 正秋恒例の鎌倉薪能が今年は九月二十二日に催される、と昌子が知ったのは、八月も末であった その日の午後、昌子は買物に出た帰りに、若宮大路にある鎌倉彫の源氏堂によった 季節はずれの涼しい日で、街にはどこかもう夏の
\3150

朗読  :小口 ゆい 時間  :59分 作者  :金子 みすゞ 全集2より94作品を収録 「この裏まちのぬかるみに青いお空がありました」の『ぬかるみ』をはじめ、『芝草』、『ゆびきり』、『月と泥棒』、『学校へゆくみち』など みすゞ中期の作品を小口ゆいの朗読で
\1470


キーワード: 単品注文でも送料無料


|文庫|文庫(ロマンス)|文庫(エッセイ)|文庫(経済・社会)|文庫(歴史・時代)|文庫(ノンフィクション)|文庫(ミステリー・サスペンス)|文庫(SF・ホラー)|文庫・新書のプロショップ|


世界の俳優&女優のプレミアムグッズを調査せよ! | アニメのプレミアムグッズを調査せよ! | ベビー用品の口コミ ランキング | ブランド品の口コミ ランキング | クラシック音楽のプレミアムグッズを調査せよ! | 化粧品の口コミ ランキング | ドッグフードの口コミ ランキング | ガーデニング用品の口コミ ランキング | ギタリストのプレミアムグッズを調査せよ! | 漫画家/マンガのプレミアムグッズを調査せよ! | 男性用化粧品の口コミ ランキング | 男性用腕時計の口コミ ランキング | 邦画&洋画のプレミアムグッズを調査せよ! | プレミアムグッズを調査せよ! | 口コミ ランキング | 日本酒/焼酎の口コミ ランキング | スポーツ用品の口コミ ランキング | 声優のプレミアムグッズを調査せよ! | ワインの口コミ ランキング |